4月より全4回のオンライン集会を開催します。第2回は7/15(金)18時より「相談現場から考えるフリーランス保護法制の課題」と題し、ジャーナリストの北健一さんに講演いただきます|非正規労働者の権利実現全国会議

新型コロナウイルスに関する情報発信

4月より全4回のオンライン集会を開催します

2022.6.16

非正規労働者の権利実現全国会議

非正規労働者の権利実現会議は2022年4月より、年4回のオンライン集会を開催いたします。

昨年は短期間で凝縮した連続学習会でしたが、今年は講演をじっくり聴きたい・交流を図りたいと考え、今年は年間を通しての4回のオンライン集会を予定しています。

予定している日程は、下記のとおりです。Zoomでの開催で、どなたでも参加可能です。ご参加を希望される方は下記の申し込みフォームよりお申し込みください。

■第2回 2022年7月15日(金)18:00~
(1)講演「相談現場から考えるフリーランス保護法制の課題」
講師:北健一さん(フリージャーナリスト・都労委労働者委員)
(2)質疑
(3)当事者からの発言
(4)非正規会議の活動報告

新型コロナウイルス禍をきっかけに、雇用も収入も不安定な非正規労働者の脆弱な権利状態が改めて明らかとなりました。

さらに非正規会議が取り組んだ2020年のアンケートでは、個人委託契約等で運送業に従事したり講師等、本来受けられるべき労働者として保護を受けることができていないフリーランスの方々からの声がたくさん寄せられました。

派遣労働者や有期、パートのみならず、雇用と同じく支配的な契約なのに保護を受けられない働く人たちが広がっていることが明らかになっています。

一方、世界的には「偽装雇用」や「雇用類似契約」と呼ばれる就労者の契約に対して、保護を図る法制度が求められ立法化の動きも少なくありません。

今回の集会では、自身がフリーランスのジャーナリストとして活動されている北健一さんに、相談活動や取材などを通じて分かってきたフリーランスの実態をお話しいただくとともに、働く者の権利保障をどう図っていくのか考える集いを持つこととしました。多くのみなさまに参加を呼びかけます。

Zoom参加お申し込みフォーム(第2回)
https://us02web.zoom.us/webinar...

・参加費無料
・当日のZoom録画は会員様限定で配信予定です。入会のご案内はこちら


■第3回 2022年10月14日(金)18:00~(予定)

■第4回 2023年1月12日(木)18:00~(予定)


【終了しました】■第1回 2022年4月7日(木)18:00~
「コロナ禍の中で、顕在化した雇用と働きかたの変化」
講師:伍賀一道さん(金沢大学名誉教授)

伍賀さんは昨年の学習会で、政府統計の分析から、コロナ禍の下で2020年は失業という数字に表れないものの、かってないほど休業者が増大しながら休業手当を受けていない休業者が増加したことを「新たな失業形態」と指摘されました。

コロナ禍の下で、リーマンショック時代以上の打撃を受けているにも関わらず、リーマンショック直後のような訴訟に発展する事例は多くありません。そこには、フリーランスやシフト労働、ゼロ時間労働や、プラットフォームワークといった働く者の権利保護が図られない新たな就労形態の増加や、それを促進する労働政策の影が見え隠れします。

失業が見えにくい、権利侵害が見えにくい中で、ゼロ時間労働契約規制や労働契約類似の就労者保護をはかる法律の整備など正規社員、非正規社員の区別を超えた立法課題も生まれています。

コロナ禍が2年を経た今、雇用や働き方を見つめ、どのような運動を展望するのか考える集いにしたいと考えます。

主催…非正規労働者の権利実現全国会議(代表幹事:脇田滋、中村和雄)

>> お知らせ一覧に戻る